人工芝の13のメリットとデメリット!後悔する前に知っておきたい虫やカビ対策!

人工芝 デメリット
  • URLをコピーしました!

最近は品質の向上で大人気の人工芝!

庭に人工芝を敷こうか迷ってる方も多いと思います。

今回は人工芝を常に庭に敷いてきた経験から人工芝のメリット・デメリットを見ていきましょう。

人工芝は簡単にDIYが出来ると評判ですが…

シバポン

人工芝にもメリットやデメリットがありますので理解したうえで人工芝を敷くと満足した結果になると思いますよ。

特に気になるのがデメリットですよね?

  1. 虫やゴキブリの住処に
  2. 水はけが悪いとカビの匂いや見た目で悩まされる
  3. 人工芝の張り替えを10年単位でしないといけない
  4. 季節感が無い
  5. 5年ぐらいで芝が寝てしまう
  6. 耐久性は高くはない
  7. 初期費用が高額
  8. diyの施工は大変

こんなデメリット面が8つあります。

嫌なデメリットですが、実は半分は施工の仕方で解決してしまうので合わせて紹介していきますね。

人工芝のおすすめはこちら⇩

目次

人工芝の8つのデメリット!と解決策

まずは皆さんが最も興味のあるデメリットをまとめておきます。

人工芝のデメリットは上記でもあげましたが8つのデメリットが存在します。

私の経験から言うと・・・

  1. 虫やゴキブリの住処に
  2. 水はけが悪いとカビの匂いや見た目で悩まされる
  3. 人工芝の張り替えを10年単位でしないといけない
  4. 季節感が無い
  5. 5年ぐらいで芝が寝てしまう
  6. 耐久性は高くはない
  7. 初期費用が高額
  8. diyの施工は大変

これらのデメリットがあります。

これらはよく一般的にも言われていて皆同じような悩みをもっていますが…

実は簡単に半分のデメリットは解消できてしまうんです。

シバポン

私も初めて人工芝を敷いてた時は無理~どんだけ~と諦めていましたが…
これらのよく言われるデメリットは下地作りをしっかりしてしまえばデメリットと言えなくなっちゃいます!

上記のデメリットの中で対処可能なデメリットは4つ!

しっかりと対処すれば人工芝のデメリットは4つだけってことになりますよね。

その対処可能なデメリットは…

対応可能なデメリット
  1. 虫やゴキブリの住処に
  2. 水はけが悪いとカビで悩まされる
  3. 5年ぐらいで芝が寝てしまう
  4. 耐久性は高くはない
4つは対処可能だよん

これらの4つのデメリットは解決可能ですが、それなりの対策が必要になります。

しかし!その価値は十分にありますので是非、対策はしておく事を推奨しますよ~。

では対策可能なデメリットと純粋なデメリットを詳しくみていきましょう!

【デメリット対策1】シート下の虫(ゴキブリなど)の楽園を防ぐ!

人工芝の1つ目のデメリットは人工芝の下の虫です。

人工芝は雑草対策や見た目など非常に優秀ですが、人工芝のシートの下に虫が住み着くデメリットがあるのが本当にきつい(;’∀’)

ただ、このデメリットには対策があります!

シバポン

私が長年色々と試した結果…

施工さえ綺麗にすれば虫は住み着くデメリットは回避できるので、是非参考にしてください。

虫のデメリット(原因)は人工芝の敷き方に問題があります。

(防草シート+人工芝)を施行する際は雑草などは根までしっかり処理しないと雑草が腐り餌となって虫達の楽園になってしまいます。

このデメリット…

実は防ぐ方法があるんですよ。

下地作りで雑草処理と石などの除去が重要

以外に手を抜く方が多い工程なのですが…

雑草処理は虫(ゴキブリなど)の楽園を攻略する必須の作業です。

実はこの作業が本当に大変で完璧にするならば広さしだいで数週間はかかってしまいます。
その方法をご紹介!

難しい事ではありませんが丁寧な作業が必須になります。

完璧な除草手順

  1. 除草剤で1週間前から雑草を枯らす
  2. 土を掘り返しながら雑草の根を完全に取り除く
  3. 掘り返しながら石は埋めてしまう

これらの手順を踏む必だけ。

もっと詳しく知りたいかたはこちら↓

手順を詳しく見ていきましょう⇩

①除草剤で1週間前から雑草を枯らす

まずは除草剤で雑草の根を狙って枯らしていくと効果的です。

※2で確実に根を掘り返せる体力があるならば必要ないよ♪

これは②で掘り返しながら雑草の根を全て除去するのも大変なので、作業を楽にするためのひと手間になります。

シバポン

この工程のデメリットは時間がかかるので気長に作業していくことが重要です。

予定が空く1週間前ぐらいに散布していくのがベストだと思いますが、除草剤しだいで時間は変わりますのでご使用の除草剤しだいですね。

②③土を掘り返しながら雑草の根を完全に取り除く

デメリットの対策と言えど…

この作業が一番大変!

1日で終わらせる考えより

1週間ぐらいかけるつもりでコツコツと作業するのを推奨します。

言葉だけだと分かりにくいので、実際の作業の画像を見てみましょう⇩

大きなスコップで土を掘り返して、根ごと処理していきます。

人工芝の下地

こんな感じの地面を毎度草抜きは嫌ですよね。
これに除草剤を撒いてから次のステップに移ります。

シバポン

はぁはぁはぁ(*´Д`)
しんどい・きつい・腰痛い!
これがデメリットじゃ!土木作業じゃね~かw
頑張ってね♡

下の画像のようにスコップで掘り返しながら雑草の根まで処理していきます!

雑草の処理

この時に石は下に埋めてしまいましょう!

石があるとシートが浮いてしまってカビの温床になってしまいます。

色々と私が試した結果

防草シートをプラスして敷きますが防草シートをピッタリ大地に沿って敷くと効果的でこれら地味な作業を追加すれば虫はいなくなりますので安心してください。

経験上

ここまでの対策をした地面は夏場でも2週間は雑草が生えてきません!ですので長期間かかってもいいのできれいに処理していきましょう!

これが嫌なら業者にお願い♡するしかありませんね。

きれいに処理すると…

きれいな新築時の輝きが土だけ戻ってきます。

シバポン

ハッキリ言ってきつい!
マジでたまらないぐらいしんどい!

でも…土いじりはなぜか気持ちいい(笑)

【デメリット対策2】カビ対策!匂いと見た目を保つ方法

意外に匂いが気になるカビ問題

見た目は人工芝だと分かりにくいですが、よ~く見るとカビってる場合があります。

※古くなってきた人工芝でよくあります。

シバポン

匂いも嫌ですし、汚い人工芝の上で子供たちが遊ぶと思うとゾッとしますよね。

この対策はこの二つ

  1. 石の除去
  2. 水が流れる様に傾斜づくり

これらの対策を一つづつ見ていこう

石の除去

なんで石の除去?と思われるかもしれませんが…

石などが土表面にあると人工芝を持ち上げてしまい空間をつくってしまいます。

その部分の周りはカビが発生してしまいますので注意が必要です。

他にも人工芝のシートを破ってしまう時もあるので、雑草処理のついでに石はしっかり埋めておきましょう!

【湿気対策】雨水が排水溝に向かって流れるように傾斜づくり

ここは本当に重要です!

湿気対策をしないと、あっという間に人工芝はボロボロになってしまいますし、カビの一番の原因になります。

排水が悪い場所と日当たりが良い場所の比較になる写真があったので参考までに…

こんな感じで見やすくすると一目瞭然ですね。

こうならない為にも傾斜は必ずつけるようにしよう!

難しく考えないで、土を購入してきて

排水溝に向かって、なだらかに傾斜をつければOKです。

シバポン

言うのは簡単ですが・・
実際にやってみると、結構難しい(-_-;)

ポイントは水たまりができないような面にしながら土を固めていきます。

【デメリット対策3】人工芝は数年で芝が寝てしまう?

これは消耗品に近いのである程度は仕方ありません。

シバポン

見た目だけを考えると5年経つと芝が寝てしまい
汚い絨毯のような代物になってしまいます

簡単な対策は高級な人工芝の場合は芝の密度が高いので長期間見た目は最高!にできます。
でも高いんですよね~

しかし最大限に寿命を延ばす方法はあります。

ポイントは4つ!

  1. 水はけをしっかり考えて施工
  2. 地面は出来る限り平らで、石などを除去
  3. 芝丈はできるだけ短めをチョイス!
  4. メンテナンスが必要

これらが重要になります。

詳しくはこちら⇩

水はけをしっかりと!

出来る限り水分に浸される時間を低減させることが寿命を延ばすコツでもあります!

庭に敷く際は傾斜を排水溝に向かってつける事が超重要!

人工芝を敷く際は下地処理が成功の90%を握ってますので丁寧に施工しよう!

出来るだけ平らで石などは除去して施工

人工芝と地面に隙間などがあると‥

これは想像すれば分かる事ですが上下に踏みにじられるのにはモロいので注意しましょう!

簡単にボロボロになってしまいます。

地面に石などが残っているとそこを起点に破けていく事もありますので丁寧に施工する事が重要です。

芝丈は中間から短めが長持ち!

芝丈が長い人工芝はクッション性も高く見た目もリアルな芝になるので人気は高いです。

しかし!

デメリットとして芝が寝てしまい見た目は汚い絨毯にしか見えなくなります!

そこで選ぶのが芝丈の短い人工芝です!

もともと芝丈が短いので簡単には芝が寝てしまう事はありませんので人工芝を選ぶ際は、芝丈が短いのがおすすめです。

関連記事

人工芝の芝丈のおすすめの長さは短いのと長いのはどっち?経験からの結果!

メンテナンスは必要

人工芝は手間いらずがメリットですが、最低限のメンテナンス(手入れ)は必要になります。

  1. 熊手で芝をなじませる
  2. ゴムチップで根元を補強

これらのメンテナンスである程度の見た目は確保できますので、是非気になる方は実践してみてください。

詳細はこちら⇩

【デメリット対策4】耐久性は高くない

人工芝単体で施工すると…

実はデメリットとして耐久性が弱いです。

これは敷いてみないと分からない事ですが、人工芝を敷く際は防草シートをプラスして施工すると長持ちしやすいので人工芝を敷くなら防草シートをしこう!

他にも…

  1. しわがあると簡単に破けます。
  2. 水分には弱い
  3. 固定ピンをケチると破けやすい

これらの問題が発生する原因があるので、丁寧作業で長期間安心しておけます。

丁寧な作業をすると下の記事のように最安値の人工芝でもそれなりの耐久性を発揮してくれますよ⇩

【デメリット5】人工芝の張り替えを10年単位でしないといけない

人工芝の寿命は一般的に5年~10年と言われています。

これは業者目線での数字ですので、素人が適当にdiyで敷いた場合は1年から3年でダメになる場合もご近所さんの人工芝も多数あります。

このデメリットは施工の仕方で大きく変わるので、10年間は大丈夫と言うわけではないのを理解しておこう!

シバポン

だからと言って業者に依頼すれば上手くいくわけではありません!
素人のdiyでも丁寧な作業をすれば10年以上の耐久性はあります。

ハッキリ言って簡単なdiyですので素人でも手順や予備知識さえ知っていれば業者と大差はありません。

実際に庭に敷いた結果では、diyで安い人工芝だとしても10年の耐久性はあります。

しかし!条件があります。

diyでも丁寧な施工が絶対条件

難しい作業なんてありませんので、是非自分で施工してみよう!

コスト面が安くなるので張替も容易になるよ~

最近の人工芝は耐久性が上がってきていて、良い人工芝なら平気で10年~20年の耐久性があります。見た目の劣化も低いので、見た目を気にするならば良い人工芝を導入するほうが楽ですね。

多くの人工芝がありますが

基本的には安価な人工芝・そこそこ良い人工芝・専門店の高級人工芝と3パターンですので、予算に応じて人工芝を選ぼう♪

人工芝のおすすめを知りたい方はこちら⇩

【デメリット6】季節感を感じられない

人工芝は色が変わりませんので、四季の移り変わりを感じられないのがデメリットの一つでもあります。

1年間綺麗な緑を楽しめるメリットもありますが、日本には四季がありますので冬は違和感を感じる人もいるでしょう。

そんな方は手間はかかりますが天然芝をおすすめします。

シバポン

私も窓から見える部分や玄関周りは天然芝を張っています。
子供の遊び場や日当たりの悪い場所は人工芝と使い分けてます。

これは趣味や感性なのでお好みですね~

天然芝のおすすめはこちらから⇩

【デメリット7】初期費用はそれなりに必要

人工芝はそれなりの初期費用が必要になってきます。

値段は選ぶ人工芝と敷地の面積で大きく変わってくるので予算に応じて選択していきましょう。

ぶっちゃけ・・・
業者に頼むのは無駄にお金がかかるだけなのでおすすめしません!
素人でもできる作業しかありません。

難しい作業もある?と思われるのかもしれませんが
素人にできない作業は無駄に難しくしてるだけで、する必要が無い場合がほとんどです。

基本的に普通の家の庭に必要な初期費用は…

アイテム費用(おおまかな数値です)
人工芝・2m×10m1万8千円~10万以上
防草シート・2m×10m2万円
固定ピン約6千円

大きく環境で費用は変わるので変わるので参考程度ですが、基本的に人工芝を敷く際は上記のアイテムが必要になってきます。

人工芝の価格の違いを知りたい方はこちら⇩

【デメリット8】diyでの施工は結構大変

人工芝はdiyで気軽に誰にでもできるので大人気!

しかしある程度の頑張りは必要になってきます。

シバポン

個人での施工は想像以上に大変(;’∀’)
しかし難しいので無理というわけではありません。
ある程度の品質を確保するために肉体労働が必要になってくるわけです。

詳細はこちら⇩

【お悩み】人工芝を選ぶ際にどれがいいか分からない

デメリットと言えるかはわかりませんが…

人工芝はどれを選んでいいのか?全くわからない!

こんなめんどくさいデメリットもあります。

基本的に調べても

  • 業者の自画自賛(笑)ウチの商品が最高!
  • メディアの適当に並べたランキング情報

人工芝は調べてもこんな情報しかでてきません。

こんなの見る気も無くしてしまうし時間の無駄でしかありません。

実際に私もそうでしたね~

それだけではなく…

シバポン

リアル人工芝の歴史はあまり古くはありません。
今の天然芝に匹敵する見た目になったのは最近の事

DIYブームにのり人工芝がヒットしだすと便乗して色々な企業が出すわ出すわでどれがいいかなんて分からない状態に·····

安い人工芝だと中国の同じ工場なんてざらにありましたから選ぶなんて無理ゲー状態

しかもたいして変わらないのに高額な値段で出す企業も現れて価格ですら区別出来ないカオスでしたね。

現在は少し変わってホームセンターのプライベートブランドのゴリ押しですね。

品質は悪くはありませんが値段が高すぎ。

こんな現状はめんどくさいですが選び方はあります。

人工芝の選び方は3つ分けてその中から選ぶのが失敗が少ないと思います。

現在のおすすめの人工芝は

  1. 安くてそれなりに高品質
  2. まあ妥当な値段で中々の品質
  3. 高額な見た目も耐久性もよくてストレスフリー

これら3タイプに分けられます。

そこで私なりのおすすめの人工芝を厳選しました!

詳細はこちらからどうぞ⇩

【diyで試した結果!】人工芝のおすすめ3選!ホームセンター行く前に

人工芝を庭に敷くメリット

人工芝 メリット デメリット

多くの方が庭の雑草に悩まされていますよね?

私も人工芝を選んだ理由の最初は雑草対策で出来る限り楽な毎日を送りたいのが始まりでした。

他にもメリットは一杯です。

人工芝のメリット

  1. 雑草の抑制
  2. 庭の見た目がいい(日当たりが悪くてもOK)
  3. 子供達の遊び場に丁度よい
  4. 個人で簡単に施行可能(DIY)
  5. 維持費用が抑えられる。
シバポン

人工芝はこれらのお庭の悩みや有効活用が全て出来てしまうのが、これだけ人気になった秘密かもしれませんね

人工芝のメリット①雑草の抑制

人工芝を施行する1番の目的は雑草対策が主な理由ではないでしょうか?

人工芝の最大のメリットは雑草対策だと私は思っています。

シバポン

私は雑草を抜く時間が勿体ないので効果的な防草シートに興味を持ったのが始まりですが(防草シート+砂利)が主流な時代でしたので(防草シート+人工芝)の発想はありませんでした。

しかし砂利は見た目が悪くはありませんがどこも同じ事をしているので面白みもありません。

そこで流行りの人工芝を敷いてみたらどうだろうと試したら、最高の見た目と雑草対策が可能だったのでイチオシになったんだよね~

注意点としては人工芝を単体で施行すると雑草対策としては弱く人工芝の耐久性も落ちてしまうので(防草シート+人工芝)を特におすすめしています。

関連記事

人工芝は安いのでもOK?安い人工芝の特徴と選び方

人工芝のメリット②見た目

昔の住宅によく見かけるのが砂利です。

悪くはありませんが見た目にこだわると人工芝の一択になってしまいます。

それだけ現在の人工芝は鮮やかで天然芝の最高の見た目を常に維持できるのは魅力です。

シバポン

人工芝を施行すると家が華やかに見えるのは間違いありません。
コンクリートだけだと無機質な印象になってしまいますからね

人工芝のメリット③子供が遊べる

メリットの1つとして子供が思いっきり遊べるのも魅力の1つですね。

我が家では人工芝にシートを敷いてお弁当を食べたりしていますが子供達には好評です。

怪我をしにくいのもメリットですね。

我が子と友達の遊び場にも好評でしたね。

人工芝のメリット④個人で簡単施行(DIY)

(防草シート+人工芝)を簡単に個人で施行出来るのも魅力です!

今流行りのDIYですね(﹡ˆᴗˆ﹡)

企業側の情報では、こ難しく説明していますが整地して敷くだけです

わざわざ難しく説明する意味が分かりません。

ポイントは上記にもあった数点だけです。

そこさえ押さえれば、業者に頼むのとそんなに変わりません。

自分で施行すればメンテナンスなど簡単になりますし、

なによりもご近所さんの評判はすこぶる良くなる事でしょう。

人工芝のメリット⑤費用が安い!維持費用も

維持費用はたいして必要ありません。

ただ…

業者に頼んだ場合軽く施工だけで数十万円が飛んでいきます。

シバポン

確かにプロの腕で施行するので素敵なお庭になると思いますが、DIYなどアウトドア派は自分で施行するのが楽しいんです!

色々な所で話しのネタにもなりますから経験は貴重ですよね。

そんな様々なメリットがありながら費用は(防草シート+人工芝+固定ピン)の3点だけです。

  1. 防草シート(1万2千円ぐらい1m×30m)
  2. 人工芝(品質によるが最安で1万円1m×10m)

これと固定ピンの値段だけで素敵なお庭に大変身!

砂利は重くしんどいですが人工芝は本当におすすめです!

【庭】人工芝のデメリット&メリット~まとめ~

人工芝のメリット デメリット

今回はメリットとデメリットをピックアップしてみました。

実は地面の下地づくりを失敗または手を抜くと悲惨な結果になっちゃいます。

  1. 虫やゴキブリの住処に
  2. 水はけが悪くカビの匂いや見た目で悩まされる

こんなデメリット面があります。

しかしデメリットは対策を見つけてますので、半分はデメリットにすらなりません。

まとめると

  • 優秀な人工芝はピックアップ済み
  • デメリットは対策済み
  • メリットしか残りません

迷わす買いです!

シバポン

私は苦労はしましたが楽しかったです。
お金はだいぶ無駄にしたので嫁に頭が上がりません。
人工芝は計画的にどうぞ〜

8年後のシート下を知りたい方はこちら↓

人工芝 デメリット

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

こんにちはシバポンです!
このブログでは10年間、アパートや実家に現在の我が家で「人工芝」と「防草シート」を敷いてきた経験を記事にしています。

同じく人工芝や防草シートを考えてる方にリアルな感想が伝わればうれしいです。

【HN】:シバポン
【性格】:穏やかで優しい性格だとよく言われる
サラリーマンで2児のパパ!
大学は情報工学でシステムエンジニアの経験からブログを立ち上げています。

関連コンテンツ

コメント

コメントする

目次