Goodthig
人工芝

【結果】人工芝は安いのでもOK?格安はこれだ!

安い人工芝のおすすめ!格安がいい!

こんにちはヨワタリンです!

庭の改造のため、人工芝を色々と試してきましたが

やっぱりなんだかんだで費用がかさんでいくんですよね?

ヨワタリン
ヨワタリン

あなたも人工芝にかかる費用を安く最低限に抑えたいというのが本音なのではないでしょうか?

しかし、安い人工芝だと品質的に本当に大丈夫?

高い人工芝とどこが違うの?

なんて心配になりますよね(*´▽`*)

結論から言うと、安い人工芝でも大丈夫なものもありました。

こちらの記事では、

  • 安い人工芝の特徴
  • 安い人工芝の選び方

安い人工芝のおすすめはこちら

まずは結論から言っちゃいます!

安い人工芝でおすすめが、過去に私も利用していた

モダンデコの人工芝です。

ヨワタリン
ヨワタリン

もちろん芝丈は絶対に短いのを選びましょう!

 

【最新の人工芝】安くて日本製!

安い人工芝の部類の中では高い位置になりますが・・・

1m×10mで2万円台の人工芝があります!

しかも日本製!

 

最近で1番の注目株で

試してみましたが、見た目も耐久度も結構よくて

おすすめの人工芝を変更しようか検討中のレベルです!

「アイリスオーヤマの人工芝」

なんと言っても日本製!

しかもアイリスオーヤマと言っても、元はゴルフの人工芝を作っていた会社を手に入れて人工芝業界に殴り込みにきた異端のアイテム!

一押しですよ~

詳しくは→【防草シート付人工芝】人気!アイリスオーヤマの防草人工芝レビューと評価!

購入したい方はこちらから

防草シート一体型

人工芝バージョン

安い人工芝の最低ラインは1m×10mで1万円

人工芝 安い

私自身が個人的に試したり、メーカーさんから話を聞いたりしてきた結論として

安い人工芝を考える基準として

値段的には1×10mで1万円程度が最低ラインだと感じてます。

これ以下の価格帯の人工芝は人工芝と言える物ではなくなります。

あくまでも個人的な結論なので、それで満足するかどうかはあなた次第です・・・

  • 人工芝の見た目(近所の目)
  • 人工芝の費用
  • 人工芝の耐久度 

などなど

あなたの人工芝に対するこだわりによって変わりますので安い人工芝の中でもあなたが満足できるラインを探していきましょう!

ヨワタリン
ヨワタリン

結論から言ってしまうと・・・

「モダンデコの人工芝」「アイリスオーヤマの人工芝」が値段も安い分類にもはいり

私的にはおすすめの格安人工芝と言えます!

詳しく知りたい方はこちら↓

人工芝のおすすめで安い人工芝も紹介していますので悩むなら、そちらを選ぶのも簡単ですね↓↓↓

人工芝は色々な種類があり、選ぶのに苦労します。

人工芝には3つの価格帯があります。

安い人工芝 ほどほどの人工芝 高額な人工芝
1m×10m

1万円ぐらい

1m×10m

3万円~4万円

1m×10m

10万ぐらい

これらの3パターンがあり

真ん中の価格帯はホームセンターの人工芝になります。

高額な人工芝は専門店の人工芝で品質と見た目はハッキリ言って

本物の天然芝以上の見た目をしています。

 

ギリギリの見た目と品質が格安の人工芝の価格帯ですね。

安い人工芝

最低ラインの人工芝もそれほど悪い商品ではありません。

ただ上の人工芝が圧倒的に品質が高いだけです。

 

しかし、この価格帯の人工芝の特徴は

  1. 芝のボリュームが薄い
  2. 見た目の鮮やかさとスッキリしたイメージが弱い
  3. クッション性が弱い
  4. 触り心地がビニール

これらの4点がネックです。

ヨワタリン
ヨワタリン

この価格帯でここまでのレベルですから

まあ、文句はいえませんね

(;’∀’)

まあ、言ってるだけでは分かりにくいので画像を用意しました。

この価格帯と高額な人工芝を並べてみたら↓

格安な人工芝と高額な人工芝の違い

一見は芝丈が違うように見ますが・・・

同じ芝丈の人工芝です。

高額な人工芝は芝が寝ないし、ピンっと伸びているのでそう見えるんです。

 

見て分かるとうり

芝の密度も段違いで、フワフワ感が圧倒的に差があります。

距離をとって見ると

  • 安い人工芝は絨毯に近い印象
  • 高級な人工芝はリアルな天然芝以上のキレイな見た目

ここまでの差はありますが、意識しないで見ると

人工芝が敷かれているな~ぐらいにしか差はありませんので気にしなければOKです。

 

ただ、7年ぐらい経つと以下の画像の様に完全に人工芝の芝が寝てしまい

絨毯になります↓

格安の人工芝の7年後

まあ、完全に見た目は悪いですが

見た目はは一応、人工芝が敷かれてるぐらいのレベルですね。

そこそこの人工芝

この価格帯はホームセンターの人工芝ですね。

ホームセンターの人工芝はかなり品質の良い人工芝ですので

無難に攻めたい方は断然こちらを選ぶべきです。

しかし、この価格帯で庭が広い場合は

十数万円の支出になってきますので、格安の人工芝を探してる方の選択肢には入らなくなります。

高額な人工芝

高額な人工芝は専門店の人工芝です。

こちらは2m×10mで数十万クラスの値段になりますので、格安とは正反対!

実際に見た感じはこれ以上に感じます。

ヨワタリン
ヨワタリン

実は結構な数が売れています。

一度、比べてしまうとこちらを買ってしまうのでしょうか?

こちらの記事で紹介していますのでよければ見てください↓

【diyで試した結果!】人工芝のおすすめ3選!ホームセンター行く前に比較しよう!

安い人工芝の特徴

安い人工芝の特徴は以下の通り!

  1. 芝のボリュームが薄い
  2. 見た目の鮮やかさとスッキリしたイメージが弱い
  3. クッション性が弱い
  4. 触り心地がビニール
  5. 耐久性が低い
  6. 芝がキラキラ光る(ビニール)
  7. すぐに芝が寝てしまい見た目が悪い

となると、これらが安い人工芝を選ぶ際の基準になります。

芝のボリュームが薄い

これは価格が安いのでしかたありません。

このボリュームで高級感がまったく違いますが、気にしなければOKです。

 

安く人工芝を手に入れるのですから、目をつぶる部分です。

ヨワタリン
ヨワタリン

安くても意外に近所の評判は良かったので

気にする必要は無いと思うよ。

見た目がスッキリとして鮮やか

ここを重要視するなら

高額な人工芝の一択になります。

こればかりは仕方ありません。

 

高額な人工芝は圧倒的な見た目の良さがあります。

一目瞭然と言っていいほどの爽やかでスタイリッシュな見た目は、天然芝以上の良さがあります。

人工芝がキラキラ光って安っぽい

安い人工芝の1番の特徴は人工芝がキラキラと太陽の光に反射して、安っぽい印象があること!

ヨワタリン
ヨワタリン
これが、嫌な方には我慢出来ないポイントだと思います。

 

ビニールに反射している光が雨の後などはさらに際立っていて、見ていて安っぽいという・・・

想像は難しいかもしれませんが、これでは誰が見ても芝には見えません。

すぐに芝が寝てしまう・・・

芝が寝てしまうとは、どういう事??

?となってるかもしれませんが、言葉通りで安い人工芝では寝てしまうのです・・・

こんな感じ・・・・

絨毯にしか見えない~(笑)

格安の人工芝の7年後

本来の芝は生命力があり、上に向かって生えています。

何らかの圧力がかかってつぶれてしまっても、フワフワの状態に再生することがでるのです。

 

ですが、人工芝の場合はビニール製の為に、そういった生命力はありませんよね(*’ω’*)

 

その為、圧力がかかってしまうと、人工芝はつぶれた状態になってしまい、生命力のある天然芝のように再生することはできません。

ただの汚い絨毯のようになってしまうのです・・・

 

これは、安い人工芝の特徴で予算上人工芝に形状記憶加工が出来ない事が原因です。

ヨワタリン
ヨワタリン
まあ、しかし私自身が試した結果、

安い人工芝を買う際は、芝丈が短い人工芝を買えば、

そうしたダメージが目立たない印象です。

 

関連記事詳しくはこちらを↓

【意外に重要!】人工芝のおすすめな芝丈の長さ!これで失敗は無し!

人工芝の耐久性

こちらは、そこまで問題視する必要はありません。

 

上手く敷けば破けてしまうことはありませんし、しいて言えば、少々の芝の抜けが気になる程度という印象です。

  • ほつれやすい
  • 劣化しやすい(破れやすくなる)

安い人工芝の選び方の基準

人工芝 安い

安い人工芝の特徴をみてきました。

では、何を基準として人工芝を選べばいいのでしょうか?

ポイントしては

  1. 見た目
  2. クッション性

この2点があげられます。

人工芝の見た目

恐らく大部分の人にとって見た目が1番わかりやすい基準なのではないでしょうか?

 

折角の素敵な家を人工芝のせいで安っぽく見せてしまうのには抵抗がありますよね?

最近の人工芝はリアル人工芝と言って見た目を天然芝に近づけて作られています。

もし安い人工芝を決めるのに悩んでいるのであれば、まずは見た目を基準に選ぶと後悔は少ないのではないでしょう。

人工芝のクッション性

もう1つ気になるのはクッション性です。

 

特にお子様がいる家庭では大事なポイントです。

子どもが小さい時期は目が離せませんので、庭に人工芝を敷いて安全に遊ばせたい!

という方も多いのではないでしょうか?

 

人工芝のクッション性が高いとやはり安心感はありますし、なにより子供達が気に入って遊んでくれるんです。

クッション性が気になるのであれば、少し高めの芝丈の長い人工芝をおすすめします。

芝丈が長いと…寿命が短いデメリットもあるのでご注意!

人工芝の安いのでも大丈夫?まとめ

結論を言うと、安い人工芝も十分に使えます。

しかし、あなたが満足するかどうかは別の話です。

安い人工芝を選ぶ際には

  • 見た目
  • 形状記憶性
  • クッション性
  • 費用面

この中からあなたが重視することを基準として選ぶとベストな選択ができますよ。

個人的には、安い人工芝の中でも1m×10mのサイズで1万円が最低ラインだと感じています。

これらを含めてこちらの人工芝のおすすめ記事で実際に試して「これは良い!」と言える人工芝を紹介していますので、悩んだ際は是非お読みください↓

ABOUT ME
ヨワタリン
こんにちはヨワタリンです! このブログでは10年間、アパートや実家に現在の我が家で「人工芝」と「防草シート」を敷いてきた経験を記事にしています。 業者や適当に選んだランキングを発信してる大手メディアばかりでうんざりしていません? 金儲けの手段の情報なんて迷惑なだけですよね? そんな自身の経験から、本音のブログを立ち上げてみました。 同じく人工芝や防草シートを考えてる方に、リアルな感想が伝わればうれしいです。 【HN】:ヨワタリン 【性格】:穏やかで優しい性格だとよく言われる 【体系】181cm 72k
関連コンテンツ