人工芝の下地作り!2つのパターンを比較検証してみた

人工芝の下地
  • URLをコピーしました!

こんにちは庭いじり大好きシバポン(@sibaponn)です。

今回は人工芝を敷く際に面倒臭い作業である人工芝の下地作りについて私自身が試した結果を発表します。

  1. 人工芝の下地は適当にした場合
  2. 人工芝の下地を入念にした場合

これら2つを実際に比較検証してみました。

関連記事

目次

人工芝の下地作り!2パターン試してみた。

人工芝の下地

前述した通りですが

私は人工芝を敷く際の下地作りを過去に2パターン試した事があります。

★しっかりと下地作りした場合

☆適当に下地作り

正直に言って、適当にしても見た目は変わりません。

しかしやはり後々に違いがでてきますね。

シバポン

結論から言うと多少は面倒でも人工芝の下地はしっかりとやるほうが後で悩ませられることがなくなります。

1.人工芝の下地作りをしっかりする

まずは人工芝を敷く前の下地作りをしっかりおこなった時を見てみましょう。

実際にしっかりとした下地作りと言っても、業者がやるようなやりすぎな下地作りとは違います。

DIYとしての基本的な下地作りと+丁寧な作業だけの簡単な工程です。

ここでは経験から失敗した部分を改善して満足が十分に得られる下地作りを紹介していきます。

前置きが長くなりましたが難しい事はありませんので気軽にチャレンジしてみて下さい。

まず下地作りのおおまかな手順は

STEP
雑草処理

言葉のままで雑草を丁寧に処理していきます。

STEP
石などの除去

石はシートが破れる1番の原因

STEP
排水   (傾斜づくり)

長時間の間、水分を含んでしまうと痛みやすいしカビの原因

STEP
整地(くぼみ等を埋めていく)

デコボコは水たまりをつくる原因

これらを進めていくことになります。

1.雑草処理

面倒ですが虫対策を考えると必須で重要です。

これをしっかりしていると防草シートの下でも虫があふれかえる事が無いので、私と同じ虫嫌いの人にはうれしい事ではないでしょうか?

シバポン

私自身も初期のころは面倒だから草抜きは手抜きでしたので、虫が人工芝の下から出てくることに戦慄しました。

そこで土を本気で掘り返しながら雑草処理をしてみたらビックリするぐらい虫がいなくなったので虫嫌いな方にはおすすめですよ(*´▽`*)

コツは大型のスコップで掘り返しながら根を取っていくと完璧です。

関連記事防草シートの下の虫を予防できる敷き方

根までとりますので数週間は雑草は生えてきません!

日数をかけて雑草処理ができますので一週間ぐらいかけてコツコツ進めるのも楽でいいですね。

STEP
現地の状態

こんな感じの雑草をしっかり処理するのは大変(;^ω^)

ですので時間をかけて丁寧に実行しましょう!

STEP
スコップで!

大型のスコップを利用して掘り起こしながら雑草を処理していくと完璧です。

ここまでした雑草処理をすると2週間は雑草は生えてきませんよ(*´▽`*)

上に人工芝を敷いても草が生えてくることはありません。

※安い人工芝単体だと日光が通過して草が生えきます。

雑草の根は強靭で少しでも残っていると根だけの栄養でまた生えてくるからね~

雑草の根は強靭で少しでも残っていると根だけの栄養でまた生えてきます・・・

シバポン

除草剤を少し利用して根まで完璧に駆逐すると100点満点かもしれませんが、そこまでする必要はなさそうです。(経験上ですけどね)

2.石などを除去しよう!

次にすることですが石などを取り除いていきます。

雑草処理で掘り返している方は掘り返す時に石を埋めていけばいいだけですが、普通に雑草処理を予定してる方は取り除いておきましょう!

人工芝は長期間敷いておきますので、人工芝が破れたりしたり、シートの下に隙間ができてしまい湿気がこもり異臭の原因になります

人工芝や防草シートを敷いてる場所で臭いなーと感じてる方は人工芝などが浮いて隙間ができてないか確認してみてください。

ほとんどがシートが浮いて湿気がこもりカビなどがはびこっていますよ。

私もアパート時代の庭の時にこれやらかして臭かったですね。

腐ったような匂いなんですよね~

3.排水を意識しましょう!(重要)

雑草処理も大事ですが一番大事なのは排水処理です!

シバポン

前述した隙間の湿気もそうですが、住宅の一番の大敵は湿気なんですよ。

水たまりができると防草シートに人工芝ともにカビやらで汚くなりますし、すぐにボロボロになってしまいます。

私が紹介してる人工芝や防草シートでしたら、破けたりなどはしませんがやはり汚くなることは避けられません。

外壁に基礎など家にとっていいことは何もありませんから、必ず意識して下地作りをしていきましょう

素人がするとこんな部分を知らずに施工してしまい大きな失敗につながりますが、知っていればたいしたことではありません。

ただ単に傾斜を意識して

水が流れて溜まらないようにすればいいだけです。

排水溝に向かって、傾斜をつけるだけです。

注意としては、水路(少し掘って)をつくるのはNGです。

全体的になだらかに傾斜にしましょう。

プロの施工を見るとかなり傾斜ついてますよ~

この排水はかなり重要ですので、必ず意識して作業しましょうね。

4.最後は整地をして整える!

最後は整地の締めの作業です!

作業をしていると、やはり地面に凹みとかが出来ちゃうんですよね(;^ω^)

疲れていると、「まあいいっか」とかなってしまうんですが、当然凹みには水が溜まります。

湿気は匂いにカビに人工芝の寿命を短くしますので、きっちり補修しましょう!

簡単に言うと土で埋めていくだけなんですが、やってみると分かるんですが分かりにくいのが欠点なんです。

見てもへこんでいるのか分かりにくいので時間を使ってしまいます。

そこで、色々と試したのですが一ついい方法がありました。

砂を買ってきて、全体的にまいてから箒などではわいてやると、凹んだ部分に砂が集まりますので楽ですよ。

注意点としては、砂で穴を埋めてしまっても水は溜まりますので、土で凹みを埋めるようにしましょう!

出来上がりです♪

綺麗に仕上げるとシートを敷きやすいですね。

2.人工芝の下地作りは適当に

次に下地作りを適当にした場合はどうでしょう?

失敗例を紹介していきます。

草抜きを手抜き

まずは皆さんも考えてるであろう、雑草の上から防草シートや人工芝を敷いた際の結果です。

まあ、言うまでもなく・・・・

  • 虫の繁殖
  • 湿気で臭い
  • カビで汚い

などなど最悪な状態ですね。

シバポン

若い時のアパート時代でしたがあの時はめんどくさいと適当に敷いてましたけどやっぱりちゃんとしかないといけませんね~

排水を忘れていた

過去には排水を忘れていた時もありましたがカビで汚かったですね。

いつまでたっても乾燥しないんですよね。

風はよく通っていたんですが、地面の湿気は本当に取れませんから匂いまでしてくるようになります。

必ず傾斜をつけることを進言します!

人工芝 湿気こんな感じでカビが・・・

これ1枚しか画像が残ってなくて、わかりにくくすいません。

凹みに水がたまりいつまでも湿気が・・・

これも湿気なんですが、最初の頃は全く気付いていませんでした。

どんなに丁寧にしていても、やはり凹んでいるんですよね。

わかりにくくのがね~

上記に解決法を書いてますので、参考にしてね。

人工芝は下地作りと防草シートが命

今回は人工芝を敷く前の下地作りに焦点を当てました。

何事にも下地や基本は何よりも大事だということが分かると思います。

追加でいうならば、人工芝をそのまま敷く方をよく見かけますが人工芝だけだと不十分です。

確実に雑草を防ぎ、クッション性も確保できる防草シートを利用するとそうそう以上に仕上がりがよくなりますのでこの機会に防草シートを利用するのはどうでしょう?

人工芝の下地作りのまとめ

今回は人工芝や防草シートを敷く前の下地作りをまとめてみまた。

シバポン

下地処理が大事だと分かっていただけたら幸いです。

5年後のシート下を知りたい方はこちら↓

雑草処理

石などの除去

排水   (傾斜づくり)

整地(くぼみ等を埋めていく)

これらの手順で一つづつしていけばいいだけですので簡単ですよ。

業者はさらに手を入れていますがハッキリ言ってやりすぎです。

後々に庭いじりがやりにくいです。

シバポン

まあ、なによりも自分でやるとお安いですから(´▽`)
それに土と戯れると結構ね楽しいんですよこれが・・・
是非DIYでお試しあれ~

関連記事

人工芝の下地

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

こんにちはシバポンです!
このブログでは10年間、アパートや実家に現在の我が家で「人工芝」と「防草シート」を敷いてきた経験を記事にしています。

同じく人工芝や防草シートを考えてる方にリアルな感想が伝わればうれしいです。

【HN】:シバポン
【性格】:穏やかで優しい性格だとよく言われる
サラリーマンで2児のパパ!
大学は情報工学でシステムエンジニアの経験からブログを立ち上げています。

関連コンテンツ

目次
トップへ
目次
閉じる