建売住宅購入後に後悔した我が家のデメリット

  • URLをコピーしました!

建売住宅を購入して5年目を迎えました。

暮らし始めたばかりのころは「こんなはずじゃなかった!」

と後悔することもありました。

どんなに慎重になってこだわって選んでいても、やはり想定外なことはあるものです・・・

そこで今回は、建売住宅を購入してから気づいた我が家のデメリットについて紹介します。

こんにちはシバポンです!(Instagramもやってます♪)

目次

玄関前の段差がキケン!

玄関ドアまでのアプローチはこのようになっています・・・

まず、1段目の半円形の形状が良くないのか、よく足を踏み外してしまうんです。

さらに玄関にかけての段差にはこのようなタイルが敷かれているのですが、ここで転んでしまうことも!

このタイルが濡れているとよく滑るんですよね・・・

それに、どちらの段差も見落としやすい色合いなのかもしれません・・・

私も子どもたちも、義理の母まで同じ場所で転んでしまいました・・・

シバポン

安全を考えて、段差の無い平地の土地を最優先で探して選んだので
これは想定外でした…
デザイン重視の外構は玄関付近は一考の余地がありますね。

特に娘がここでたびたび転んで、顔に何度もケガしているんです。

普段から気を付けるように言い聞かせてはいるのですが、雨の日に子どもたちが走って家に帰ってくる姿を見ると、いつもヒヤヒヤしてしまいます。

建売住宅を購入するなら、皆さんご存じのここで⇩情報集めがおすすめ!

もしまだ知らない方がいらしたら無料で資料やハウスメーカーのカタログなどを営業マンを通さずに手に入るので試してみてね♪

リビング階段は光熱費がかかる!

リビング階段に関しては、暮らし始める前から懸念材料ではありました。

やはり、実際に暮らしてみると、暖気は上に行ってしまうため、暖房をつけてからリビングが温まるまでに時間がかかりがちです。

そのため、1階ではガスファンヒーターを使っているのですが、冬場はガス代がかなりかかります

1階は寒いのに2階にあがるとめちゃくちゃ暖かかったりすると、何とも言えない気持ちになります・・・

シバポン

逆に夏場に1階のリビングにいて、「今日はやけに涼しいなぁ!」と思っていたら
2階の冷房がつきっぱなしでドアが開いていた!なんていうこともよくあります。

リビング階段対策としては、シーリングファンを設置したり、階段にカーテンをつけて気流を遮ったりといった方法があるようです・・・

夏の2階は猛暑だった!

エアコントロールというシステムのおかげで、夏もジメジメせずに涼しく快適に過ごせるのはありがたいのですが、それはリビングだけの話。

エアコントロールについて(外部サイト)

日当たりがいいせいか、2階に上がるとかなり暑いです。1階が涼しいだけに余計に寒暖差を感じてしまいます。

冬から春にかけて契約を進めていただけに、これは盲点でした。

ただ、気密性があってエアコンの効率はとてもいいため、夏も冬も快適に過ごせています。

贅沢な話ですが
実家の昔の住宅に比べると圧倒的に過ごしやすい温度だよ
やっぱり空調と壁内の空調も導入してると温度の上がりすぎがないのでエアコンが良く効くね

ガス発電が使いこなせない!

ガス発電システムのエコウィルがサービスでついていたのですが、なんだかあまり使いこなせていないような気がしてモヤモヤしています。

というのも、このシステムがとっても賢くて電気とお湯をよく使うタイミングを学習して効率よくお湯を沸かしたり発電したりしてくれるんです。

ですが、我が家の場合は夫が仕事上、入浴時間も電気を使う時間もバラバラなんですよね。

これではいくら賢くても学習しきれないよなぁっていう印象。

我が家の場合はサービスでついていたからまだよかったものの、上手く使いこなせてなくて、なんだかもったいなかったなぁと感じています。

我が家にとってのお得な使い方をもう少し研究してみようと思っているところです!

現在はエコウィルは生産しておらず、エネファームに移行しているとのこと。

エネファームには蓄電池がついてるため、発電に関してはこれで解決できます!

ウッドデッキがすぐ汚れる!

リビングの前に設置したウッドデッキ。

工業都市に住んでいるせいか、これがまためっちゃ汚れてしまいます。

そして、この黒い謎の汚れがすっごく落ちにくいんです!!

水洗いにデッキブラシではなかなか落ちません・・・

「この黒いのはいったい何?」って日々夫は嘆いています。

高圧洗浄機を使えばなんとか取れるので、大型連休中に掃除しています!

シバポン

最初は工場の煙突からの灰かと思ってましたが、カビも混ざっているようです(;’∀’)
カビキラーをかけると結構よくとれます。
まあ、基本的に高圧洗浄機で一気に洗います。

ウッドデッキの汚れが気になる人は黒系のウッドデッキがおすすめ

また、せっかくわざわざウッドデッキを後付けしたのにあまり使っていません。

それだけに、あまり使わないのに掃除の手間がかかるだけという状態になっています。

目隠し用のフェンスをデッキ周りに配置するなどひと手間加えないと
家の環境で利用頻度が変わるので
人の目が多い側に設置する際は、一考の余地があるね

シバポン

でも
なんのかんの言っても、ウッドデッキで子供たちは友達と遊んだりしてて楽しいそうだからOKですね。

庭の手入れが大変!

とにかく庭の草抜きがとっても面倒です。

想像以上の勢いで雑草が生えてくるため、とても体力が追いつきせんでした・・・

特にご近所に放置されている空き地やお庭があると、そこから雑草が侵食してくるみたい。

それだけに、ご近所の目も厳しくなりがちなところもあります・・・

対策はいろいろありますが、我が家は防草シートを敷いています!

とにかく引っ越してすぐ敷くのがおすすめです!

防草シートの詳細はこちら

人工芝の詳細はこちら

視線が気になる・・・

我が家は庭もリビングも道路に面しています。

といっても、住宅街の中の道なので車通りはそこまで多くはないのですが、人の視線を遮るものがないんです・・・

シバポン

家にいてもなんだか視線が気になって落ち着かないことも!
植木などである程度はさえぎられてますが、見たことのないような人がジロジロ見てることもあり、防犯も考えると非常に危険だと感じるほど。

天気のいい日中であれば、レースカーテンをして照明を消していれば大丈夫なのですが、雨の日や夜の暗い時にレースカーテンのまま照明をつけると、外から室内が丸見えになってしまうんです!

そんなときはカーテンを閉めているのですが、それはそれで外の様子がよくわからなくなってしまうんですよね?

ママ

カーテンを閉め切ってずっと家で過ごしていると、なんだか気が滅入ってしまうんです・・・

シバポン

視線を遮るようなフェンスや生垣を設置したいと考えています。
今diyでできないか模索中です。
予算や施工工程など写真がたまったら記事にしますね~

自分でするのが面倒だと感じる方は、最初からフェンスはつけるのが正解です。

庭にプライベート感がない!

また、リビング以上に庭やウッドデッキも道路から丸見えなんです!

本当ならばウッドデッキに出て寛いだり、庭でバーベキューをしたりしたいのですが、人目が気になってなかなかできなくて!

せっかくわざわざ後付けしたウッドデッキを思ったよりも使わなかったのはこれが大きな理由です。

現にうちの子たちが庭で遊んでいるだけで他の家の子たちが家から出てきてうちの庭に集まり、幼稚園状態になることもよくあります。

私は元保育士で子どもが好きなのでそれなりに楽しんでいるのですが、そういうのが苦手な人にはかなりしんどいかと思われます・・・

開放的な庭は見栄えはいいようなのですが、住んでいる側からするともう少しプライベート感があった方が使いやすかったのでは?と感じてしまいます。

ご近所にウッドデッキをフェンスで囲んでいるお宅があるので我が家も真似したいと思っています・・・

購入前に要チェックを!

以上、我が家が建売住宅に住んでみて気づいたデメリットを紹介してきました。

我が家の場合はデメリットがこんなに見つかってしまいましたが、自分たちで対策することで解消できたことも結構多かったです。

シバポン

解消できなかったことは、なんだかんだで5年も経てば、慣れてきたせいか、あまり不自由を感じなくなってきました。

まさに住めば都というやつですね!

これから建売住宅を検討される方は、以上のようなこともを参考にチェックしてみてくださいね!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

こんにちはシバポンです!
このブログでは10年間、アパートや実家に現在の我が家で「人工芝」と「防草シート」を敷いてきた経験を記事にしています。

同じく人工芝や防草シートを考えてる方にリアルな感想が伝わればうれしいです。

【HN】:シバポン
【性格】:穏やかで優しい性格だとよく言われる
サラリーマンで2児のパパ!
大学は情報工学でシステムエンジニアの経験からブログを立ち上げています。

関連コンテンツ

目次
トップへ
目次
閉じる