ポップアップテントの色選び!おすすめの色!数年使って分かった感想

ポップアップ・タッチアップテントのおすすめな色選び!数年使って分かった感想
  • URLをコピーしました!

ポップアップテント(ワンタッチテント)を買いたいけど色はどれがいいの?

おすすめは?

「こんな悩みに答えます。」

ポップアップテント(ワンタッチテント)が手軽で大流行していますね。

そんな流行の便利なアイテムを我が家も購入しました。

しかしその購入するポップアップテント(タッチアップテント)の色選びで,どの色がいいのか分からずに色々と調べたのですが全くおすすめの情報が無くて困ってしまったのです。

私が1番最初に色選びの記事を書いた後に、続々と色選びの記事が出てきました(笑)大手のサイトにはどんなに頑張っても勝てませ~ん(笑)

貴方も同じ様に色選びで迷ってませんか?

実は色選び次第で快適性が全く違うので迷って正解です。

快適性をとるか、デザインをとるかで答えが二つに分かれてしまいます。

最近ではデザインもよくて高性能なポップアップテントが主流になってきています。

選ばないといけないならば、私は購入した経験から機能性(快適性)が正解だと断言!します

関連記事

ポップアップテント(またはワンタッチテント)のおすすめを知りたい方はこちら↓

【万能】ポップアップ・ワンタッチテントのおすすめ3選!公園や海で大活躍!

目次

ポップアップテントの色による違いと絶対に失敗しないおすすめの色選び!

色だけの説明だと分かりにくいので一つのポップアップテント(ワンタッチテント)を例に挙げます。

現在、気の利いた機能性とデザインで大人気の最も使いやすいポップアップテント(ワンタッチテント)です。これを使うと、他のポップアップテントでは足りない部分が多すぎて二度と他は選べません。

おすすめポップアップテント(ワンタッチテント)はこちら。

villimetsa ヴィリメッツァのポップアップテントです。

※最近リニューアルでLOWYAで統合されたようです。

シバポン

これを購入したのはかなり昔だったのですが・・・
あまりにも使いやすいし、快適で、たたむのも楽ちんで最強だ!って自信満々で紹介してましたがTVでも紹介されるぐらいのポップアップテント人気ナンバーワンに成長してますね(笑)

今のところこれに勝るポップアップテント(ワンタッチテント)はありません。

機能性、デザイン、持ち運び、組み立てやすさ、広さ、全てで優秀です。

特に!
テントの展開と収納の簡単さは圧倒的なポッアップテントです。

テントをたたむのに手こずる人には最適だよ。
できるパパに周りから見られるから気持ちいい(笑)

入口前にシートまでついてますので隙が一切ないのも魅力です。

もちろんコストパフォーマンスは最高!

数万円のテントよりもこちらがおすすめ

ちなみに我が家のポップアップテント(ワンタッチテント)です↓

ポップアップテント 色選び

我が家はネイビーにしました。

休憩用や着替えに完全に視界が遮るテントだととても助かるのですが、風をとうして快適なテント内にする為に他社は中が丸見えのポップアップテント(ワンタッチテント)ばかりなのです。

ヴィリメッツァLOWYAのポップアップテント(ワンタッチテント)は違います。

シバポン

完全に視界を防げますので実際にアウトドアで使うと便利ですよ♪
しかも中はそれでも暑くない高機能!文句なしです。
何よりも畳みやすさはポップアップでナンバーワンの凄さ!

左側にあるアウトドアワゴンの色に合わせたチョイスです。

話違いますが…コストコのアウトドアワゴンで、実は最も優れたセンスあるワゴンとしてジワジワと口コミで広がり隠れた人気です。

帰るときに手間取ると恥ずかしい(/ω\)

これは見た事ありますよね?華麗にたたむと周りからの視線が熱い(笑)

関連記事【簡単】ポップアップテントの畳み方(しまい方)画像入り

ネイビーはこちら↓

ポップアップテント 色

数あるポップアップテント(ワンタッチテント)で間違いなくNo. 1です。

色で機能性かデザイン重視かが分かれる

ポップアップテント おすすめの色

色で、機能性(快適)とデザイン重視かが分かれる事をご存知ですか?

基本、どのメーカーのポップアップテントも同じですが、色が白系などの鮮やかで薄い系の色のテントは、柄などが施されているものも多く、見た目もキレイでお洒落なハイセンスなテントが多いです。

今回の色選びで言うと、快適性を犠牲にしたデザイン重視のポップアップテント(ワンタッチテント)となりますね。

素敵なデザインですが落とし穴が1つ隠れています。

最新のポップアップテントは白系でも凄い性能を付与しだしてますので色は好きなのを購入するだけでOKになりました。

追記2022年現在

色が薄いタイプでも性能が低くならないように改良されていますので色は自分が好きな色を選んでOKになってきましたよ~

ポップアップテント(ワンタッチテント)快適な秘密は裏地にあった!

なぜデザイン重視と言われるのか?

白や薄い色のテントは、その鮮やかな色が重要なセールスポイントになる事も理由にあるのですが、それ以上に、その発色の良さを出すには裏地を使用する事ができません!

実は、最近のポップアップテント(ワンタッチテント)にはUVカットの為に、テントの表面の裏(内側)にUV対策や断熱効果のある画像の様な裏地が仕込まれています。

ポップアップテント 色

今回、例として上げているテントにも、シルバーコート加工が裏側に施されています。

これが、高いUVカット率の秘密です!

その、快適性の要の大事な裏地が白など薄い色では使用する事が出来ずに、代替えの透明な裏地が使用される事になります。

しかし、代替え品ではあくまで気休め程度の効果しかなく、紫外線はあまり遮断されない・太陽熱は断熱効果が薄いなど効果は無いと言ってもいいぐらいのレベルです。

まあ、説明しただけではピンとこないと思いますので、データーでの差を見てみましょう。

数値で表すと、どれだけの差があるのか一目瞭然で、これを知ってしまったら色選びは慎重になってしまいます。

※今回、例に上げたポップアップテントでのデーターです。

ポップアップテント(ワンタッチテント)の色による温度上昇の実験スタート

実験の詳細

フォークロアー・ボタニカルは色の名前(白の柄入り)です。

イメージしやすい様に、まずはこの画像を見て下さい。

ポップアップテント 色 選び

絵だと、分かりやすいですね(^。^)

この様な条件下になります。

実験の結果!色は機能性を選ぶのが賢いほどの差が!

結果は・・・

ポップアップテント 色 選び

唖然ですね

デザイン重視の二色は効果を感じる事は無いでしょう。日傘をさしてるのと同じレベルです。

機能性を重視した色は、軒並み10℃近い暑さの防止効果がある様です。

※ちなみに、ネイビーが効果が薄いのは、勘の良い方ならもうお気づきだと思いますが、色が黒よりなので太陽熱を吸収しているんです。

黒は太陽光を吸収します。だから暑い!

下は、温度の変化図です。

ワンタッチテント 色選び

ここまで、快適性が違うとデザイン重視を選ぶ理由がないのはお分かりいただけると思います。

ただ、ピンクが最も機能性が高いのは面白い結果ですよね♫

ピンクなら、子供達も迷わずテントに帰って来てくれるでしょう。

ポップアップテント(タッチアップテント)の色によってUVカット率も少し変化する。

  • ネイビー 97.2%
  • グリーン 96.5%
  • カモフラージュ 96.4%
  • レッド 96.1%
  • ピンク 95.4%
  • グレー 94.9%
  • ブルー 94.9%
  • ボタニカル 76.7%
  • フォークロアー 74.0%

機能性の色だと誤差範囲です。

90%以上を選べば間違いありません。

まとめ〜色のおすすめ〜

ポップアップテント 色

結論は、選ぶ色は機能性の色が絶対におすすめです!

特に今回、例に挙げたテントではピンクが優秀でした。

黒系の色はせっかく機能性を重視するので選ぶのは微妙です。

ですので、ピンクを筆頭に黒系を除く色を選べば失敗はありません。

ポップアップテント(ワンタッチテント)は、休憩の拠点として利用するので快適で無い状態では休憩する効果が薄くデザイン重視だと、ポップアップテントを利用する意味が無くなるので、デザインも捨てがたいですが、機能性を重視しましょう。

以上がまとめになります。

関連記事

おすすめのポップアップテント(タッチアップテント)はこちら↓

【万能】ポップアップ・タッチアップテントのおすすめ3選!公園や海で大活躍!

ポップアップテントで素敵な休日を過ごしましょう。

ポップアップ・タッチアップテントのおすすめな色選び!数年使って分かった感想

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

こんにちはシバポンです!
このブログでは10年間、アパートや実家に現在の我が家で「人工芝」と「防草シート」を敷いてきた経験を記事にしています。

同じく人工芝や防草シートを考えてる方にリアルな感想が伝わればうれしいです。

【HN】:シバポン
【性格】:穏やかで優しい性格だとよく言われる
サラリーマンで2児のパパ!
大学は情報工学でシステムエンジニアの経験からブログを立ち上げています。

関連コンテンツ

コメント

コメントする

目次