正社員登用がいけるか判断をしよう!その手ごたえ

初級編を読んでいただき実践された方は会社で良い手応えを感じているでしょうか?

しかし!

どんなに良い仕事をしてもタイミングが悪いと絶対に正社員になる事はできません。

なぜ?

人手不足だから正社員登用するのですから、人手が足りていれば、そんな話しすら出てきません。

残念ですが、正社員登用は運に強く左右されてしまいます。

根気よく待つか

可能性が高い職場に行けるまで、また期間工に応募するしかありません。

今回は、その正社員登用が可能かを見極める術を伝えます。

使える人間だから都合よく利用してやろう!

と無駄な時間を潰されないように気をつけてね。

スポンサードサーチ

正社員登用がいけるかの判断

正社員登用 判断

人生の分かれ道!

期間工をやってるあなたならば、様々な選択肢を乗り越えてきたと思います。

今回の判断は冷静にしないと人生が大きく変わってしまいますので、よく見て、出来るならば相談しましょうね。

大企業の社員にはそれだけの力がありますので諦めないのも大事ですが時には思い切って違う選択肢も重要です。

正社員登用が可能かの判断基準

判断基準は正直言って期間工側からだと、とても難しいと思います。

期間工側にいた時はサッパリ情報が入ってこないからです。

社員側になってやっと見えてきます。

ですので期間工側で分かる判断基準は曖昧な判断基準になってしまうので、よく考えて判断して下さい。

大雑把な答えになってしまいますが、社員側からは教えられない場合が多いのでこれは仕方ありません。

もし選抜メンバーに割り振られているならば、なにかしらアクションがあります。

主な例

  1. 役割を割り振られている。
  2. 評価に繋がる提出物を常に出せとあなただけに言ってくる。
  3. 上司から常に仕事について教えられる。

これらは、上から回ってくるリストに名前が乗っていれば上司がさらに上の上司に名前を覚えてもらう為の行動です。

会議であなたの名前が出た際に
「ああ!あいつか・・・」
となれば、勝ったも同然ですから
そのような、行動を起こしてくるはずです。
それらがなければ、脈は薄いでしょう。

正社員登用がいけるか?判断基準のまとめ

空気を読む力を求められますが、社会人としてある程度の経験を踏めば分かってくるはずです。

期間工側からだと中々分からない事なので、無理言うなよ〜となりますよね。

1人でいいので社員の方と懇意にすると裏でリストに名前が乗ってたよ〜

と教えてくれますし、社員登用が成功する様に仕込みまでしてくれる人もいるのでオススメです。

基本的ですが

コミニュケーションを苦手な人を作らずに広く長くやっていくのが吉です。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

ガブリエル

仕事のお悩み相談員のガブリエルです。 大学では電子情報科のプログラミンや理論構成を学んでいました。 ITバブル崩壊で他業種の仕事に就きましたが満足できず転職を繰り返し、念願の一流の大企業に転職! 最近では、ブログを覚えて発信する楽しさを味わい趣味に! 工場でのビジネスマナーは見かけないので工場での生き抜き方を紹介します。 仕事の悩みも受け付けてます。