MRスマートグラスとは?ポストスマホの大本命!?

日常が一変する、ポストスマホの最有力候補!「MRスマートグラス」

MRスマートグラス?

VRとは違うの?と様々な疑問が浮かんできますが、それら疑問も含めて将来性が高い「MRスマートグラス」とは?について調べてみました。

  1. テーマパークのメインサービスに?
  2. 映画の様な空中のキーボード操作が普通に?
  3. 10年で高性能で見た目が両立された製品が登場!
  4. Gの普及で「スマホの次に定番のデバイス」

関連記事

マイクロモビリティー(電動キックボード)とは?市場はシェアリングと規制しだい

MRスマートグラスとは?

MRスマートグラスとは簡単に言うとスマホと同じデバイスです。

しかしまとめると分かりずらいので、MRとスマートグラスを分けて考えてみましょう。

MR=複合現実(mixed reality)

スマートグラスとAR/MRグラスの違い

これをメインに掘り下げてみましょう。

MR=複合現実(mixed reality)

MRスマートグラスとは

現実にコンピュータの映像を重ねたのをMR(複合現実)といいます。

この分野はあなたもご存知のVR(仮想現実)とAR(拡張現実)など複数の言葉がありますが、その意味は全く違ったものになります。

AR・MRとVRと二つに分けると分かりやすいかもしれません。

VRは完全な仮想世界ですので、AR・MRとは全く異なります。

AR・MRは似ていて非なる技術です。

ARは現実世界を主流に考えた技術になります。

MRは仮想の映像が主になる技術になります。

万能性を考えるとMRが一歩上をいきます。

MRは簡単に言うと、パソコン上で生成した映像コンテンツを現実世界と一緒に楽しめる技術になります。

ソニーのVR端末でこの業界も身近になってきましたが、VRの場合は完全に視界がふさがってしまう弱点があります。

これらの問題を解消ができるのが、MRになります。

更には、日常的に利用できるのが、スマートグラスなどのスマートなメガネ型となるわけです。

将来の技術を考えても、スマホの次を担う可能性は十分に高いと言えるでしょう。

 

スマートグラスとAR/MRグラスの違い

MRスマートグラスとは

よくご存じなのが既に製品化されているVRですね。

ソニーのゲーム端末としても手に入らないほどの人気アイテムです。

VRとは完全な仮想空間となりますので、装着した場合は日常生活は無理ですが、本題のMRでは現実の中にコンピューター映像を重ねる形となるために、日常の中に溶け込む形で利用可能です。

スマートグラスとAR/MRグラスなどと難しい言葉はありますが、要は頭に装着してディスプレイをとうしてデジタル情報を表示するメガネ型デバイスのことを指します。

AR/MRグラス現実空間を認識する機能が付いている。(カメラやセンサーで周囲の空間を認識する。)

比較的にビジネス向け

値段は高額

スマートグラス現実を認識する機能が無い。(情報のみを表示)

ビジネス・コンシューマ向け

価格は安い

観光地で浸透する音声ARスマートグラス

現在は、観光地ではすでに音声型ARは浸透しています。

ユーザーの居場所や環境に合ったBGMや音声を的確の流す音声ARサービスはあなたもご存じのとおり広がっています。

しかし体感的には、ごっつい機械を付けての印象がまだまだ高く

スマート?とは言えないのが実情の様です。

まあ、予算もありますしね。

最近やっと買えるVR!

売り切れ続出で買いたくても変えないVRがやっと買えるようになってきましたね。

転売屋の高い売りつけにうんざりしてたから嬉しいですね。

その他

MRスマートグラスとは?まとめ

今回はMRスマートグラスとは?についてまとめてみました。

まだまだ、ポストスマホには程遠いですが、イメージ的には可能性はありますしね。

スマホの時も、まさかここまで進化するとは思いませんでしたからね。

金額的にも、企業が利用する端末だと30万クラスと未来の一ページには程遠いですが

なぜかくるかもな~と思ってるのは私だけでしょうか?

そんな夢広がるMRスマートグラスでした。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

>ヨワタリンの「ヨワタリブログ」

ヨワタリンの「ヨワタリブログ」

CTR IMG