仕事にいきたくないのは甘えなのか?最近は環境が変わってる様だぞ

会社に出勤したくないと思うのは甘えなのか?

よく聞く言葉です。

昔の人間ならば迷わず「甘えるな!」

と罵るかもしれませんね?

では、昔の考え方が正解なのか??

私は違うと思いますし、これからの時代その考え方はとても危険です。

いつまでも過去の栄光に縋りつく世代には警告を!

今の世代には「過去の亡者の勘違い教育」に流されない様にアドバイスをそんな記事です。

結論としてたまには甘えや弱みがでる時期ぐらい誰にでもありますよね。

そこを叩くのは非効率です。

スポンサードサーチ

変化は現場で起こっているんだ!!!

現在、大企業ではジワジワと変革の波が押しよせていますので、波に乗れない頭の固い世代は次々と端に押しやられてる現実に気づいてますか?

気づいてないふりをしているのか?鈍感で気づいていないのか?

安易な手段で仕事をしてきたツケを払ってるだけなのをそろそろ自覚しだす時期に差し掛かってきています。

昔みたいに威圧や怒鳴ればいい?

そんな手段が通じたのはコンプライアンスが無い過去の会社だけです!

現在の世代は強引にオラオラ行かないで堅実に誠実にコツコツ仕事をこなします。(さすがは不況を乗り越えてる世代です)

昔の世代は一発屋みたいに派手に装いますが面倒事や難しい局面は若い世代が足元で堅実に支えてるだけなのが実情なの気づいてますか?

それなのに・・・

仕事に行けば強引なだけのバブル世代の傲慢な仕事に振り回される日常・・・・

当然、会社に行きたくないと思いますよね。

会社に行きたくないと思うのは甘えでもなく環境が悪すぎるだけですので安心してください。

変化・・・・

もう気づいてる方はいると思いますが、大企業を先頭に変革がジワリジワリと推し進められているんですよね。

職場ではストレスの調査を頻繁に行いつつ、上司には職員のサポートをしっかり行うように変化してきています。

サポートをしない(実力が無いので気づかずサポート出来ないのが正解かもしれません)上司は次々とはじかれてる現実を今現場で頻繁に目にしますよ。

人手不足の最近は離職率を下げるのは目を背ける事のできない課題です。

しかし!

この課題はとても難しいのです。

甘えと言いますが実のところは職場が乱れて不条理を受けての結果が大半ですからね。

甘えをしっかりサポートできるのは本来なら当然の仕事なのです。

これからの時代は優しさが重要ですね。

まあ、その優しい行為は本当に負担が大きく難しいんですけどね。

変化は派遣従業員の待遇にも

最も変化が激しいのは派遣従業員や期間工の方々ではないでしょうか?

人手不足がじわじわと表面化しだしたので待遇や接し方が大幅に変わってきています。

待遇は、派遣が始まって以来の高報酬があふれかえり。

派遣さんには優しく接する様に、上司から厳命と教育の講習を新たに受けなければならないほど、裏では動きがあります。

それ以外もありますが流石に言及はできないので残念ですが簡単に!

プラスな嬉しい待遇です。

なぜ?変化の波がきている?

ではなぜ?

変化の波が来ているのでしょう?

あなたも感じてますよね?

答えは

人手不足です。

就職氷河期はもう過去の話です。

現在は、企業側が必死になって人材の確保に動いています。

大企業でさえ苦戦が目立ってきています。

人を確保する為に、派遣従業員や期間工を高額な報酬と環境で集めようとしても、定員が集まらないんです。

中には、期間従業員の募集をかけて0人と言う凄い結果がついに出始めてます。

スポンサードサーチ

会社に行きたくないと考えるのは甘え?まとめ

最近は直に変化を感じるので文字にしてみましたが、中々難しいですね。

甘えは、会社においては余裕があると見れますが昔の風潮が異常なだけで現在の方が健全だと思います。

余裕があった方がパフォーマンスが良いに決まっていますから。

誰も仕事がしたいわけではありませんからね。

人生楽しむ為に仕事をしているのを、勝手に他人が泥沼に引き込むのはおかしな話です。

ただ!

本当の怠け者がやりたい放題すると職場崩壊してしまうので難しいです。

頑張る人が損をする

そんな危険も含んでいるのが怖くもありますよね。

管理職の胃を痛めるでしょうから、皆さん仕事は仕事としてプロらしい行動をしましょう。

皆んなが、普通の仕事を普通にするだけでいいのですから。

 

コメントを残す