能力ダウン?鼻づまり、鼻水を(解消)治すアレルギー性鼻炎の薬の罠

鼻づまりに鼻水!

アレルギー性鼻炎の方は苦労しますよね。

仕事でも勉強でも無駄に疲れます。

最近は効果的な薬が出てきて大変助かりますが、そのアレルギー性鼻炎の薬に思わぬ罠(デメリット)かあるのをご存知ですか?

意外に知らない事実!

気づきにくい能力ダウンになってしまうので、重要な会議やプレゼンの時は注意しましょう。

今回はこのアレルギー性鼻炎の薬の能力ダウンについて詳しく見ていきます。

スポンサードサーチ

アレルギー性鼻炎の薬が引き起こす自覚しにくい能力ダウン

アレルギー性鼻炎の薬

アレルギー性鼻炎の飲み薬の抗ヒスタミン薬は、鼻の粘膜でヒスタミンのはたらきを抑制(ブロック)して、症状をおさえるお薬です。

しかし!

この抗ヒスタミン薬のなかには、脳に移行して、眠気や、知らないうちに集中力や判断力に作業能率が低下した状態を起こすものがあります。

俗に言う

「インペアードパフォーマンス」

能力ダウンですね。

これらは、気づきにくい能力ダウンと言われています。

このインペアードパフォーマンスが起こると、仕事の能率や簡単な作業にも支障をきたす可能性がでてきます。

なぜ能力ダウンが起こるのか?

ではなぜ能力ダウンが起こるのでしょうか。

ヒスタミンは、鼻の粘膜ではアレルギー症状を引き起こす原因です。

しかし!

実は脳の中では日中眠くなるのをおさえたり、学習能力や記憶力を高めたり、活動量を増やすようにはたらきかける、とても大切な物質なんです。

その物質を抗ヒスタミン薬で抑制していまうと、当然ですが脳のヒスタミンも抑制する事になり学習能力や記憶力を高めたり活動量を増やすように、はたらきかける力が無くなり能力ダウンにつながるのです。

能力ダウンを防ぐにはどうすればいいのか

能力ダウンになると言われても、抗ヒスタミン薬を使わないで、鼻づまり、鼻水やくしゃみが酷い状態だと仕事に支障をきたすので意味が無いのでは?

そう思われていると思います。

実は脳に移行しにくい薬があるんです。

脳に移行しにくい抗ヒスタミン薬は能力ダウンをしにくいと考えられています。

鼻炎の症状はしっかりと抑えて、能力ダウンしにくい抗ヒスタミン薬を処方してもらえる様に医師にしっかり相談しましょう。

スポンサードサーチ

鼻洗いの優秀アイテム!

病院が嫌いな人もできれば病院に行って欲しいですが、時間無い人も一杯いますよね。

そこで鼻づまりを緩和できる私の愛用の鼻うがいがあります。

根こそぎ鼻づまりを解消してくれるので最高ですよ。

今までの鼻うがいは痛みがあり不快でしたが、痛みが無いのが特徴だよ。

痛くなく今までに無かった簡単に使える逸品ですのでこの機会に1度試しませんか?

↓こちら

まとめ

効果的なアレルギー性鼻炎対策は

対策

1.早めにお医者さんに行って、困ってる症状を伝える。

2.アレルゲン診断をしてもらう。

3.治療中に自分の判断でやめないでしっかり最後までやる。

これらをしっかり守る事ができれば、マスクを付ける時期や鼻洗いをする時期など効果的で経済的な対策が実行できます。

今回は、抗ヒスタミン薬の弊害の1つを掘り下げてみました。

知らないと、ただダルいな

やる気がでない

などなど気分が落ち込んでしまいがちですが、理由さえ知っていれば対策が可能です。

仕事にも勉強にも様々な環境で鼻づまりや鼻水は能率を阻害しますから、対策を実行しましょう。

快適で楽しい毎日に早変わりしますよ。

まだ、鼻づまりや鼻水を放置している人は

騙されたと思ってお試しあれ。

↓↓こんな記事もありますよ(とても便利)

嘔吐と下痢予防に!ずぼら大人の簡単対策!

コメントを残す