期間工から正社員登用!の実態

こんにちは

派遣に期間工や社員と様々な経験が強みのガブリエルです。

今回は期間工から社員への激戦の狭き門を突破した際の経験を記事にしてみます。

1.大企業の正社員になりたい方

2.派遣や、期間工から社員になりたい人

3.人生変えたい方

そんな方には役にたちますので、お付き合い下さい。

※経験談の為に全てを対象にはしていません。1つの例としてお読み下さい。

また当時と現在は違う可能性がありますのでご了承ください。

人気記事はこちら↓↓

期間工バブル到来!年収ランキングは驚きの結果に!

2019年2月8日

期間工vs派遣!稼げるのはどっちだ!?

2019年1月28日

スポンサードサーチ

期間工から正社員の給料の違い

基本、総合的に期間工や派遣からの給与体型はガラリと変わります。

ほとんどの方は、日給などがそのまま続いていくと思われる方が、話を聞いていると多数見られました。

しかし、現実の大企業クラスだと基本給が大半の給与体型になります。

年棒契約もたまにありますが、よほどの企業か微妙な企業な印象ですね。

基本給とは?

基本給は月の報酬が固定で決まっています。

この基本給に昇級昇格の給与upが加算されていきます。

別に手当が大量につく事が高額な給与の秘密です。

例えば

基本給が32万

手当

残業代7万

役職手当1万

家族扶養手当4万

深夜手当+その他手当2万

通勤手当3万

住宅手当1万

食費代補助1万

※企業によって違います。例です。

計51万となります。

しかし、当然給与が上がると税金が跳ね上がります。

税金は約600万ぐらいから一気にもっていかれる印象ですね。

昇級昇格にベースupなどで給与が上がっても、収入が上がった気にならなかった思い出がありますね。

例で上げた様な体系になりますが、全てがこの形に当てはまる訳ではありませんので、狙う企業の給与体系を調べるのも面白いかもしれませんよ。

肝心の期間工からの基本給は?

さて、本題です

期間工からの社員になった際の給与ですが、まずすぐに正社員にはなりません。

お試し期間中が挟みますが、そこは別に記事にまとめますので今は一旦置かせていただきます

正社員になる際の給与決定はブラックボックスと言っていいですが、ある程度は予想がついています。

同じ仲間同士にて比較した感じですが

年齢給をベースに前職の給与も影響している様ですね。

ですので、社員になっても給与が安い!と言う方は年齢が低く前職で定職についてなかった事が考えられます。

しかし、新入社員は安いのが普通です。

本格的にその企業に合った給与になるのは3年後くらいからですので、期間工や派遣からの中途に採用でこれほどの待遇で迎えられるのは幸運な事です。

期間工から正社員になりやすいジャンルは?

期間工

これは、予想の範囲内ですが

現在は人が集まりづらい自動車工場系の仕事が最も正社員になりやすい印象です。

ちなみに、派遣の事務系などはまだまだ高額な待遇が無い事から人が容易に集まる事が推測できますので余程、有能な人にしか無理でしょう。

しかし人手不足が深刻化している今、時間の問題かもしれませんね。

昔は、大企業への道は少なかったですが身近になればヤル気が湧いてきます!

期間工から正社員への倍率

期間工から正社員になれれば安泰

しかし

実際にはどうなのでしょう?

あるデータからは1%と言われていますが、実際に正社員に上がれる方は更に少ない印象を受けます。

2000人いて15人ぐらいの印象です。

しかし、その時の生産状況しだいでは100人以上の採用も現にありますので、運が関わってくるので辛いところですね。

正社員を目指しているなら、今後に急上昇しそうな企業を選ぶ事を強くおすすめします。

期間工から正社員への試験は?

一般常識も理解していない人をふるい落とす為に当然あります。

しかし、優秀な人を選ぶ為の試験ではありませんので難しい問題はでません。

あくまで、非常識な人や最低限の教養を見る事によってモラルやマナーがあるかを確認する為だと思います。

試験などでしか判別できない事もあるのでこれは仕方ないですね。

期間工から正社員への面接は?

1番の難関はここかもしれません。

基本、期間工からの場合は現場の評価が最も見られる部分ですが、上層部は信頼はしていないのではないでしょうか。

あきらかに、非常識な人材が常に紛れているのでここできっちり落とします。

逆に言えば、ちゃんとしている方ならなんの心配もいりませんので、ハキハキと答弁するだけでかまいません。

この面接官達は百戦錬磨の上位役職が担当しますので、誤魔化しなんて通じませんので素直に対応するのが正解だと思います。

スポンサードサーチ

期間工から正社員登用の道!まとめ

今回は期間工から社員登用にスポットをあててみました。

読んで分かる通り

企業はブランドを守る為に、相応しく無い人をきっちりと切ります。

当然ですよね。

そうしないと大企業でも潰れてしまいますから必死です。

しかし、人手不足で人材が欲しいのも事実です。

企業を求める人材が何かを、しっかりと意識していくと道は開けると思います。

後はタイミングですから運です!!

出来る限り運を掴める様に下調べと実力をつけておくことが近道です。

運と言っても、行動してこそ掴めるものですからね。

 

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

ガブリエル

仕事のお悩み相談員のガブリエルです。 大学では電子情報科のプログラミンや理論構成を学んでいました。 ITバブル崩壊で他業種の仕事に就きましたが満足できず転職を繰り返し、念願の一流の大企業に転職! 最近では、ブログを覚えて発信する楽しさを味わい趣味に! 工場でのビジネスマナーは見かけないので工場での生き抜き方を紹介します。 仕事の悩みも受け付けてます。