防草シートの下の虫を予防できる敷き方

防草シートの下は虫の住処になるのか?

そんな、目を背けたい事に焦点を当ててみました。

経験上の虫を予防できる方法です!

効果は間違いありませんよ♪

スポンサードサーチ

防草シートの下に虫はいない。

まず最初に言わないと誤解がでますので一言追加するとしっかりと前処理を施して防草シートを敷いた下には、虫はほとんどいません!

しかし、前処理をしていなかった場合は虫の楽園となります。

印象的には・・

防草シートの敷き方

庭の周囲には、鉢や石がありそれらをどかしたらダンゴムシやアリがいたり酷い場合はムカデやGまでいるのを見たことがある人は多いですよね。

先入観から防草シートを敷いた場所の下には虫にとっての楽園があると連想する方が多いですよね。私もそうでした。

しかし!

雑草をしっかり除去して、整地までしっかりやった場所には虫はいません。

では?なぜ虫がいないのでしょうか?

虫がいるのは、生活出来る環境が整っているから。

ほとんどの防草シートは原料に地面を汚染する薬剤などを使用していないので、生物に害はないものです。

虫も生き物ですから、生きていくための適切な環境が必要です。エサや温度に湿度などの条件はどれかひとつ欠けても生息できません。逆に言えば、どれか一つか、または全て欠けさせれば虫は生息出来ません。

特に、湿気が多いのを虫は好むので、水はけの良い乾燥した環境なら虫は生息が難くなります。

また、植物が腐ってきたものをエサにする虫も多くおりますので、これがないとやはり生息は難くなります。

更に言うと、虫をエサにする虫も多いので、雑草をしっかり除去していればエサがいないので虫が増える事はありません。

虫がいなくなる環境を作るには?防虫対策

砂や赤土やアルカリ系の土には通常、植物の腐植分もなく微生物も生息していないので、ミミズ、ダンゴムシが生きるには難しい環境になります。

しかし、土壌交換は費用と労力がかかりすぎますので、除外します。

しかし、そうなると完璧に虫を予防するのは難しいのですが不快になる状態は回避できます。いるとしてもアリぐらいになりますので許容範囲だと思います。

(もしも、アリが大嫌いだ!と言うなら固める土がおすすめです。)

虫がいなくなる環境づくり〜防草シート実践編〜

防草対策

手順は・・・

手順

1.雑草を除草剤などを使い根までしっかり枯らす。
2.枯れたらその雑草を抜いて、しっかり処分する。落ち葉も残さない。
3.きちんと水はけを考えて整地し、転圧する。
4.赤土や砂など虫が嫌う土を敷く。表面だけでも交換あり。

5.しっかり乾燥させる。
6.その上に大地との間に隙間が出来ないように防草シートをペッタリ敷く。

※雑草の上からシートを被せたら、雑草がシートの下で枯れて虫達のエサになります。雑草はしっかり除去しましょう。(根まで抜かないと、根に残った栄養で雑草が生えてきます。)

雑草対策のイカした道具!快感な体験を貴方に・・。おすすめ除草バイブレーター

2018.09.06

砂や赤土は、微生物も生息していないので、ミミズ、ダンゴムシ生息し難い環境となります。または、アルカリ性の土を購入して撒くのも効果的ですが費用がどんどん膨らむので余裕があるなら実施しましょう。

虫の中でもアリは手強い!意地でも防虫!

アリは様々な場所に生息できるので駆除するのはとても大変です。巣もアリの種類により異なり、大地に深く巣をつくるもの、石の下、木の中などと様々です。

簡単な対策は市販の薬剤などを巣の近くに置いて巣ごと退治するのが最も確実で手軽に実践できます。

我が家と隣の家のご主人は、お互いアリが大嫌いなので笑

固める土や、掘って巣を潰したりと試行錯誤して色々やってますが、置いて、巣にもって帰るタイプの薬剤が最も効果的でしたね。

スポンサードサーチ

防草シートの虫がいない敷き方〜まとめ〜

防草シートの敷く前の下準備が大事ですね。

せっかく防草シートを敷くのですからきっちり仕事して、雑草に虫をしっかり防ぎましょう。

防草シートはこちらの記事におすすめを載せてます。最強の防草シートですから、一度敷いてしまえば一生張り替え不要です!

「防草シートザバーンの全て教えます」まとめ

2018.08.20

防草シートはザバーンの一択!!迷ってる人は迷わずこれ!業者の売り方の罠にハマらないで!

2018.05.14

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

クマタン教授

工場勤務のクマタン教授じゃ! 大学では電子情報科のプログラミンや理論構成を学んでおった。 ITバブル崩壊で他業種の仕事に就きましたがの、満足できず転職を繰り返し、念願の一流の大企業に転職!(長かったクマ・・💦) 最近では、ブログを覚えて発信する楽しさを味わい趣味に! 工場のでのビジネスマナーは見かけぬので工場での生き抜き方を紹介じゃ!! 他、パパ目線で使えるアイテムの紹介や 子育ての助けになる情報など育児を 要にしていく予定です。