〔2018年〕新型iPhone XR /Xs/XsMax発売!!ようこそ!ビックスクリーンの世界へ。

新型iPhone XR/Xs/XsMaxがついに販売されます。

新型iPhoneXs/XsMaxが9月21日

廉価版のxrが10月26日に販売されます。

廉価版が遅いのは、製造段階のトラブルだそうです。

しかし!フラッグシップ機は予定通りに販売されます。

すでに、各携帯会社の販売合戦はスタートしており旧型機は、軒並み大幅な値下げになっていますが、iPhonexは生産が止まるようです。

新型機のフラッグシップと同様に高画質の有機ELが使用されている為に、差別化をハッキリさせたいようですね。

今回は、スマホの大画面化が一層進みそうです。

2018年9月21日発売iPhoneXs/XsMaxのまとめ情報

今回、予定通り販売されるフラッグシップ機の二台は画面の大きさで差別化されています。

世界では大画面化が進んでおり、小型機のiPhoneSEの開発が止まる程のトレンドになっています!小型iPhoneSEが人気なのは日本だけです。

(日本人は、手が小さいですからね)

話がそれましたね、すいません。

正直、大画面化しすぎて微妙な気がしますが、世界の流れなので、楽しく乗っちゃいましょう♫

スペックは、予想通りになっています。

iPhoneXs/XsMax

今回のiPhoneはSuper Retina。迫力と大迫力な特別に開発されたiPhone XSのOLEDディスプレイは、業界で最も正確な色を映し出し、HDRに対応し、真の黒を再現します!

今までの液晶とは、別物です。有機ELテレビと同じ画面になります。

しかもiPhone XS Maxには、これまでのiPhoneの中で最大のディスプレイが搭載されています。

左がxs右がXsMaxです。

次世代プロセッサと呼ばれる「A12」は小型となり処理速度も速く、省電力になっています。

Appleが開発したCPUで2つの性能コアが負荷の高い演算タスクに取り組み、4つの効率コアが日常的なタスクを引き受けます。

Appleの最新のパフォーマンスコントローラが、これらのコアの間で作業を動的に振り分け、圧倒的なパワーが必要な時には6つすべてを使えるようになります。

2つの性能コア

最大15%高速

(A11 Bionicとの比較)

4つの効率コア

最大50%少ない消費電力

(A11 Bionicとの比較)

3D顔認証機能も装備されています。

容量

画面詳細

新型iPhone XR(6.1インチモデル)廉価バージョン

発売日は10月26日!

iPhoneXと同じFaceIDが搭載されていて、本体のサイドにはTouchIDが搭載されるようです。

背面にはiPhone8と同様にアルミニウムを使用するようです、これは価格を引き下げるためですね。

注意点!

この6.1インチモデルは有機ELディスプレイ(高画質ディスプレイ)を使用したモデルではありません!

値段を抑えるために、液晶ディスプレイ搭載モデル(LCD)になっていますので、厚めの機種になります。

画面とカメラだけ、ランクダウンされていますが、十分な性能です。

まとめ

昔ほど、スマホなどに熱は入りませんがやはり新機種はワクワクしますね。

最近はどこのキャリアもオンラインショップがありますので、わざわざ店に並ばなくていいのも楽でいいですね。

でもお高いので、楽天がいまの現状をぶっ壊してくれることを期待してます。

キャッシュバックが大きい場合があるので、正規代理店なども利用しましよう。

↓みたいに公式でやってます。(例ソフトバンク)

【SoftBankスマホ】SMART PHONE STORE

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

クマタン教授

北九州の田舎に住む2児のクマタン教授じゃ! 大学では電子情報科のプログラミンや理論構成を学んでおった。 ITバブル崩壊で他業種の仕事に就きましたがの、満足できず転職を繰り返し、念願の一流の大企業に転職!(長かったクマ・・💦) 最近では、ブログを覚えて発信する楽しさを味わい趣味に! 田舎暮らしの良さ悪さなどや 他、パパ目線で使えるアイテムの紹介や 子育ての助けになる情報など育児を 要にしていく予定です。 楽しくやっていきたいので よろしくお願いします。