(はじめてばこ)出産を控えたママや出産祝いに♫北欧デザインまたはムーミンのデザインのベイビーボックス

最近の子育て世代でじわじわと浸透してきている。素敵で、おしゃれな「はじめてばこ」を知っていますか?

周りに、赤ちゃんが生まれる予定がある方や出産予定がある方には、プレゼントや出産祝いに必見です!

出産祝いや出産準備に最適なセット!

「ムーミン版」「オリジナル版」「ミニ」「ギフトボックス」「ムーミン版 幼児用」の5種類が発売中です.

動画を見るのが一番魅力が分かりますね。

全てが揃いますので、忙しい妊婦さんでも簡単に準備が出来ます。

何よりも、とてもお洒落♪

貰えたら凄くうれしいのは、間違いないですね。

人気が出てきましたが、まだまだハイセンスなごく一部の人たちだけが知っているアイテムなのでプレゼントには最適です。

公式サイトはこちらから

公式サイトの見方

サイトの右上のマークをクリックすると日本語に訳せます。

内容は?ベイビーボックス

ベイビーのニット製のミトン

ハット

マットレス

シーツ

寝袋

お風呂用温度計

爪切り

再利用可能のブラパッドなどなど

51種類のベイビー商品一式を備えております!

部屋着

外出着

必需品

寝具(ボックスがベット)

ボックスは思い出入れにするのがベスト!

高品質で安全な製品を注意深く選び抜いて、赤ちゃんのケアに必要なもの全てを取り揃えています。

フィンランドの首都、ヘルシンキ近くの小さな島 の倉庫から、ボックスを手作業で梱包し、世界中のパパ・ママに発送しているようですね

日本では入手困難なアイテムをフィンランドから直輸送で送料無料!!!



北欧・ムーミンデザインのベイビー・マタニティーグッズが一式購入できます。
高品質で安全なグッズがフィンランドから送料無料で購入できます。

そもそも、「はじめてばこ」とは?

「はじめてばこ」とはどうやら各地方のテレビ局と生協が協賛してやっている。企業から赤ちゃんやパパママへのプレゼントの品々を贈る取り組みのようです。

都道府県で違うアイテムが送られてくるそうです。

このサイトが分かりやすく簡潔にまとめてます。↓

はじめてばこ

もちろん、贈り物ですから無料になりますね。

「はじめてばこ」のルーツ

フィンランドが福祉大国というのはご存知でしょうか?

フィンランドの妊婦さんには子育てで必要なものがベイビー・ボックスに詰められて配布されます。

妊娠したママに育児に必要なものが箱に詰められて行政から無料で贈られるそうです。

中に入っているのは

  1. 肌着
  2. 部屋着
  3. 外出着
  4. 寝具
  5. お風呂・衛生用品(爪切り等)
  6. おもちゃ

出産後約1年間に必要になるものが入っています。

全部合わせると48点以上で、凄いボリュームですよね。これがあれば、もう何も買う必要ないので素早く準備が終わりますので楽ですね♬

ちなみに、フィンランドの赤ちゃんと日本人の赤ちゃんの体格差がありますので、標準的な平均成長曲線の真ん中なら、服は2歳ぐらいは余裕で着れます。

はじめてばこのルーツを更に掘り下げてみる。

更に、ルーツを掘り下げると

昔フィンランドは貧しい国で、乳児死亡率は6.5パーセントという高水準でした。

そうした状況の中、取り組んだのが低所得者向けに、育児用品のボックスを無料で配布する事を行いました。国や地域が一丸となって赤ちゃんを守るとても尊く素敵な行動ですよね。

有名になったのは、イギリスの皇室キャサリン妃にフィンランド政府からプレゼントされた事がきっかけです。そして、次の年に、セーブ・ザ・チルドレンという国際的な団体から、ママにやさしい国ランキングでフィンランドが第一位に選ばれました。現在フィンランドは、世界でも有数の福祉の国として、世界中から注目されています。

そのきっかけになったのが、ベイビー・ボックス制度のお陰だと言われています。

日本の「はじめてばこ」は中身に何が入ってるの?

実施地域や時期によって中身はまったく違うみたいですが、はじめてばこの中身は協賛の企業名から推測出来ますね。

私が見たのは、おむつのサンプルやおしりふき、赤ちゃん用のお菓子、ノンカフェインの飲み物などなど・・・
地域で取り寄せた人の情報を探すのもありかもしれません。

正直、フィンランドの「はじめてばこ」と比べると劣りますが日本では企業の善意ですので、これからこの活動が盛り上がり日本の政策として、はじめてばこが発展していくことを願います。

日本は初期の費用以上の高額な(現在54万円)補助がありますので、贅沢をしなければ補助の余った額が30万近くをいただけますので、子供が生まれたらフィンランドのベイビー・ボックス以上に物は揃う気はしますが、日本は制度や社会が未熟で子供を育てるには厳しい国だと思います。

何もかも背負わせている今の子育て世代ばかり負担をかけないで、皆で支えたいものです。

世界で話題の「はじめてばこ」はどこから発信されてるんだろ?

イギリスのBBCニュースマガジンでベイビーボックスが報じられると、世界中から「欲しい」という声が高まりました。

しかし、このベイビーボックスはフィンランドに住む妊婦さんにしか配布されていません。

当然ですよね。全ての希望者に配布なんかしたら破綻してしまいます。
そこで、フィンランドに住む3人のパパさんが立ち上がり、その3人が会社を設立したのです。

行動力がありますね♫

そして、世界中の赤ちゃんに向けて、フィンランド・ベイビー・ボックスを発送しているのです。
日本ではそのハイセンスな可愛さや、日本にはないアイテムでじわじわ口コミが広がり、その後大変人気を博して今の、はじめてばこになっています。

概要

最近では、2018年フィンランド・ベイビー・ボックス(日本では、はじめてばこ)は「ムーミン版」「オリジナル版」「ミニ」「ギフトボックス」「ムーミン版 幼児用」の5種類が発売中です。

ムーミン版とオリジナル版は、単品販売もスタートしています。
デザインはフィンランドの伝統に基づきユニセックスなアイテムが中心。とってもお洒落なんですよね♫
内容は、地域や季節に合わせて最適なものがカスタマイズされます。
誕生月
冬の気候(とても寒い・寒い・あまり寒くない)
注文時、上記の設問に答えると季節や気候に応じたぴったりサイズのベビー服が選ばれます。

出産予定日の4ヶ月前〜1ヶ月前位の注文がおすすめです。

到着までに2〜3週間かかるので早めに注文をおすすめします。

フィンランドでは4ヶ月前に支給されるそうですね。

まとめ

こんな素敵なセットをいただけたら嬉しいですよね♫

ベィビーボックスとはじめてばこ混同しそうですが別物です。しかし目的は一緒ですね。

ぜひ、日本でも普及してほしいものです。


コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

クマタン教授

北九州の田舎に住む2児のクマタン教授じゃ! 大学では電子情報科のプログラミンや理論構成を学んでおった。 ITバブル崩壊で他業種の仕事に就きましたがの、満足できず転職を繰り返し、念願の一流の大企業に転職!(長かったクマ・・💦) 最近では、ブログを覚えて発信する楽しさを味わい趣味に! 田舎暮らしの良さ悪さなどや 他、パパ目線で使えるアイテムの紹介や 子育ての助けになる情報など育児を 要にしていく予定です。 楽しくやっていきたいので よろしくお願いします。