「2025年の崖」問題とは?その意味と内容を簡単に!

様々な企業はデジタル技術を利用して大きく飛躍してきたが、そのデジタル技術は年々古くなり老朽化している。

 

そのデジタル聡明期に作られた古い基幹系システムが企業の足を引っ張りだしている。

 

その問題を「2025年の崖」問題として言われている。

 

経済産業省のレポートでは、現在は年4兆円のシステムトラブルの経済的損失が2025年にはシステムの老朽化で年で最大12兆円に膨らむと警鐘を鳴らしている。

 

この記事では「2025年の崖」問題とは?について意味と内容が簡単にわかります。

 

話のネタにもなりますので、是非お付き合い下さい。

関連記事

「2025年の崖」問題とは?その概要

2025年の崖 問題 とは?

「2025年の崖」問題とは?について見てみましょう。

 

簡単に言ってしまうと、企業の基幹系システムが老朽化してしまい、現在の環境に対応できずにトラブルを引き起こす問題の事で、今後企業の発展を阻害する要因の1つを「2025年の崖」言います。

 

そもそも

デジタル聡明期に、業績アップと効率化を達成する為にデジタル技術を活用する事で既存のビジネスの枠を無視した革新的なイノベーションを創出するために「デジタルトランスフォーメーション(DX)」をあらゆる企業が推進してきた。

 

しかし、まだデジタル聡明期の為にシステム的には将来を担えるシステムではなく、当時の環境に適応させていた為に、現在の環境にシステムが追いつかなくなってきています。

 

「2025年の崖」とはこれらの要因からきます。

もう1つの「2025年の崖」問題とは?

システムの老朽化からの、経済的損失だけが「2025年の崖」問題ではありません。

 

今後、企業ではシステムを構築した技術者が次々に退職する時期と重なっています。

 

その為に、企業のリスクが悪化する恐れがあります。

 

現状のシステムでは、管理する技術者には多大なストレスと負担をかけています。

 

その為に、数少ないIT技術者の転職が増加する可能性が高くなります。

 

ただでさえ足りないIT技術者です。

 

体力のない企業の場合は、技術者の維持もままならなくなるでしょう。

 

これらの問題がピークになるのが、2025年になるので「2025年の崖」問題と言われているのです。

2025年の崖とは?経済産業省の警鐘

2025年の崖 とは?

そもそも、この問題のソースは経済産業省の「DXレポート」からきています。(参照元)

 

DXレポートでは、現在4兆円の経済的損失が2025年には12兆円にもなると警鐘を鳴らしています。

 

詳しく知りたい方はこちらの「DXレポート」をお読み下さい↓

経済産業省「DXレポート」

「2025年の崖」問題のリスク推移

現在はIT技術者が不足している状態が続いています。

 

また、古いシステムも2025年時には数倍に膨れ上がる事が予想されます。

 

これらを表にまとめると以下の様になる事が予想されます↓

2025年の崖問題とは?

IT人材不足の悪化

ITの普及は目まぐるしく、有能なIT技術者は全く足りていません。

 

現在でも10万人単位で不足しているのが、2025年には40万人の不足になるとの事。

 

ただでさえ足りないIT技術者が爆増していきますので「2025年の崖」問題が解決するのは厳しい現実なのかもしれません。

 

様々な業界で、ITが普及しだし技術者の取り合いが起きています。

 

あのトヨタでさえ、技術者の確保に全力をだしているようですからね。

 

アメリカのGoogleの前にデカデカと引き抜く気満々の看板が立っているのにはビックリでした。

 
ヨワタリン

余談ですが·····

今後、IT技術者を目指して勉強する事が安定した仕事で働けるになる近道になるのでしょう。

私は情報工学を専攻していたので、分かるのですが、技術革新が早く学ぶのが大変ですが今後のIT技術者には夢がありますね。

私の時はITバブル崩壊と重なった為に、地獄でしたが(笑)

「2025年の崖」老朽化したシステムの企業の割合が増加

「2025年の崖」とは?問題の主な原因のシステムの老朽化が2025年の時には、全体の60%にも及ぶ事が予想されます。

 

あくまで、対策せずに経過した場合です。

 

ではなぜ対策しないのでしょうか?

原因は分かっているのに対策が進まない理由

企業のシステム管理者はこの「2025年の崖」問題に頭を悩ませている問題です。

 

分かっているのだから、対策すればいいのでは?と安易に考えてしまいますが·····

 

システムの更新や最新の基幹システムへの換装は時間や資金にシステム更新のリスクを発生させてしまいます。

 

現状が最低限は上手いっているシステムならば、手をつけたくないのが本音になると思います。

 

また、資金面も重くのしかかる事になります、システム開発は莫大な開発費用がかかり時間もかかります。

システムが上手く稼働しないリスクまであるのは、実際に責任者の立場から言わせれば恐怖でしょう。

 

例を例えるならば、とある大手のネット販売てすがシステムの不具合で数ヶ月も販売が不可能になっています。

 

当然、株価は暴落·····

ああ·····あそこか〜と思われる方は多いと思いますが、現実で自分に降り掛かったと想像したら·····

怖いですよね。

 

「2025年の崖」問題を提唱した経済産業省のDXレポートでは、早期に対策するように促していますが、企業の体力次第だと言えます。

「2025年の崖」の対策のタイムリミット

2025年の崖 対策

「DXレポート」では、早急なシステムの改善を促しています。

 

時間が経てば経つほど、技術者の確保が難しくもなります。

 

2025年から運用する場合は準備期間は2020年までと「DXレポート」では設定しています。

 

システムの刷新!

言うのは簡単ですが、現実は多大な時間が必要になると言うことですね。

「2025年の崖」問題とは?~まとめ~

「2025年の崖」問題とは?について、できる限り簡単にまとめてみました。

 

「2025年の崖」問題とは、企業のシステムが老朽化して企業リスクが高まり経済的損失は12兆円にもなる大問題だと言う事です。

 

問題の原因をまとめると

  1. システムの老朽化
  2. IT技術者の不足
  3. IT技術者の負担増
  4. システム刷新にはリスク有り
  5. システムの開発には時間がかかる
  6. 開発費用も膨大に

企業によっては、これらの対策したくとも、身動きの出来ない問題も多くこれからの、ネックポイントになるかもしれませんね。

 

しかし、IT技術者がますます需要のある職業になる事は、この1面を見るだけで想像できますが、あなたはどう感じましたか?

 

今回は「2025年の崖」問題とは?についての記事でした

最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

関連記事

>

暮らしの「困った」は【生活110番】で解決!!!!生活110番は暮らしの中の「困った」「どうしよう」を解決するための業者の検索・比較・情報が見つかるサイトです!暮らしのトラブルに役立つ情報も多数掲載中!

CTR IMG